目的を明確にする

横断幕を始めとする様々な印刷物がネットで簡単に注文できる時代となりましたが、まずは使用用途を明確にさせるべきです。何を目的として導入するのか、導入することで何が得られるのかを考えていきましょう。深く考えずに製作してしまうと注目されませんし、コストも無駄になってしまいます。

横断幕は実用性の高い広告物として知られている

広告

便利なアイテムを導入

横断幕やのぼりを製作することで、企業の宣伝に繋がります。最近ではposレジや有線放送を導入する店舗も増えてきており、お客様にとっても事業主にとっても便利な世の中になりつつあります。また、訪問マッサージを行うことで知られるからだ元気治療院もこうしたアイテムを導入しているようです。

横断幕

メリットの多い横断幕

店舗や学校を始め、様々なイベントの際に役立つのが横断幕です。小さいものから大きいものまで作れますし、色や文字によって存在感を出すことが出来て便利です。また、保管に場所を取らないのもメリットと言えるでしょう。どの広告物を選べば良いのか迷った場合、横断幕を選ぶ人も多いようです。

横断幕を注文する際の流れ

女性

まずは基本情報を入力

製作所のホームページでは、メールフォームが用意されています。団体の場合は代表者の名前、住所や電話番号などを入力していきます。注文希望なら材質や枚数、サイズなども入力しましょう。注文ではなく質問や見積もり依頼だけでも送ることができますし、その後に必ず注文しなければいけないというわけでもありません。

画像を添付して楽に注文

メールフォームから注文希望を伝えた後、しばらくすると注文内容を確認した製作所から連絡が来ます。見積もりに関しての詳細が掲載されているので、この段階で確認します。また、横断幕のイメージ図が完成しているのなら、その画像を添付して再度メールを送りましょう。イラストや文字はハッキリと書き、伝わりやすさを意識します。補足として文章でも説明すると良いでしょう。もしデザインが決まっていないのであれば、お任せすることも可能です。

支払いと発送の確認

イメージ図が通ったのであれば、本格的な製作がスタートします。支払い方法は幾つかありますが、銀行振込なら入金が確認されてから横断幕が発送されるでしょう。代引きを選べば、横断幕の到着と共に支払う流れとなります。

企業戦略の一つとして考える

お客様の気持ちになって考えることができれば、事業主は経営しやすくなるでしょう。経営安定の為に必要な物を考えて導入したり、必要ない物を排除したりを繰り返すのです。そうすることで顧客満足度も高まるのではないでしょうか。高い顧客満足度が得られれば経営状況は必然と良好なものとなるはずです。

[PR]
からだ元気治療院の経営者に!
成功させる秘訣を大公開中