のぼりを製作すれば店舗の売り上げも期待できる

目にする機会が多い

店舗の入り口付近にのぼりが設置されていることは多いです。昔から使われているので、歴史は長いと言えるでしょう。立て看板よりも取り扱いが楽ですし、コスト面においてもメリットがあります。

のぼり製作の際に選ばれている加工法・ベスト5

no.1

危険を回避してくれる

設置場所にもよりますが、防炎加工されたのぼりが注目されています。主に、ガソリンスタンドや火の取り扱いがある店舗から注文されている傾向があるでしょう。そうでなくても、もしもの時に備えて防炎加工しておくことは大切です。

no.2

帯を加工して印象アップ

のぼりは竿に通して立てかけることで完成します。チギレとも呼ばれるこの帯は、棒袋に加工することも可能です。チギレに比べるとスッキリとした見た目となり、スタイリッシュな印象が与えられるでしょう。

no.3

大きいサイズに最適

メガのぼりを製作する際には、ハトメ加工が推奨されています。サイズが大きいとどうしても安定感が乱れる恐れがありますが、金属を使用するハトメ加工なら問題ありません。文字通り、ハトの目のよう見た目をしているのが特徴的です。

no.4

熱の力を借りる

のぼりの周囲についてですが、切りっぱなしだとほつれの原因となるでしょう。そんな時に役立つ加工が、ヒートカットです。熱の力でほつれを防いでくれるので質を保ちやすくなります。

no.5

縫うからほつれにくい

ヒートカットと同じくらいに注目されているのが、三つ巻き加工です。ヒートカットとは違い、こちらは縫製を行うのでよりほつれにくい仕上がりとなるでしょう。

のぼりを製作すれば店舗の売り上げも期待できる

のぼり

翌年も使える優れもの

屋外広告物として、今や絶大な支持を得ているのがのぼりです。仕組みも簡単ですし、重みもないので一人で楽に設置することが可能です。また、季節限定で使用する店舗も多いですが、大切に保管しておけば翌年も使用できるでしょう。毎年のように新しい物を製作する必要もないので、コストパフォーマンスの高さにも注目すると良いです。

注文する上で注意したいこと

決算セールや選挙の時期に近付くと注文数も増えます。ハロウィンやクリスマス、バレンタインなどでもよく使用されているでしょう。様々な店舗から注文が押し寄せる時期を避けなくては、納品が遅れる可能性があります。

付属品を確認しよう

のぼりは印刷物だけでなく、様々な付属品があることで完成します。のぼり用ポールや立て台、巻き上がり防止器具などがその代表だと言えるでしょう。立て台には主に二種類あり、注水式とスチール製が好まれています。

のぼりを製作する際に押さえたいポイント3つ

サイズ選びは慎重に行おう

デザインにこだわることももちろん大切ですが、注目度を上げる為にはサイズが何より重要です。 小判のぼりや標準のぼり、大判のぼりからメガのぼりまで用意されています。店舗に適したサイズを選びましょう。

色合いを重視して製作

色によっても与える印象は大きく変わります。文字は背景にマッチした色合いにしたり、目に入りやすいインパクトのある色合いにしたりすると良いでしょう。製作所からもアドバイスをもらえます。

生地の種類を把握しよう

のぼりの生地も幾つか種類があります。ポンジやトロピカル、金巾やエステル帆布などが一般的です。とにかくコストを抑えたいのであれば、ポンジが向いています。コストではなく強度を優先するのであれば、トロピカルが最適となるでしょう。